ー 鍼(はり)ー

妊産婦及び全ての女性のいかなる症状にも有効です!「鍼は痛そう」というイメージが先行しがちですが、その痛さよりも効果が大きいので数千年続いたのだと考えるべきでしょう。
私の鍼は東洋医学での病の根幹、五臓の調和を図る為のもので、経絡治療と言います。深い所で5㎜、肺経(手)では約1㎜刺入します。全身の気の流れの滞りが取れ、施術中から「ポーッ」っと暖かくなってきます。鍼でバランスが整い調和された五臓六腑からは、発していた病の枝葉である痛みなどの不具合がなくなっていきます。現在でも治療が難しいと生理痛や子宮内膜症は相当楽になりますし、完治された方も結構います。毎月のことですし、不妊にもつながるこれらの症状の方は試しておく価値は大きいでしょう。

X

ー 鍼(はり)の痛み -

皮膚の1平方センチメートル当り200個あるといわれている痛点。鍼がいかに細いとはいえ(直径0.18㎜)、全てをよけるのはやはり困難(涙)。ほとんど痛くないけどたまに痛いです。
鍼管という鍼の筒を使い、トントンと入れていきます。このやり方は江戸時代に日本人が発明したもので、ほぼ日本でしかされていません。湿潤な気候にさらされている日本人の肌は、大陸の人よりもキメが細かく痛みに弱いのです。ちなみに弱いのは筋肉や腱もで、私見ですが西洋人のようにカイロ(バキバキ)の効きがよくないのはその為ではないでしょうか。

 
 

ー 施術鍼 -

ステンレス製のディスポーザブル(使い捨て)が主流なのですが、当院では、より体に馴染む銀鍼をそれぞれの患者さん専用に数十本ずつキープします。感染の心配はありません。
 
 

ー 美容鍼 -

 
 

ー 小児鍼 -

「自分だって鍼灸が怖いのに、子供になんてとんでもない」の声が聞こえてきそうです。
子供の鍼は「刺しません」。以前から小児鍼という子供用の鍼(金属製の治療器)が開発されており、ヘラ状のモノやローラーで皮膚を刺激するような感じです。昔からカンの虫(激しい夜泣き)には著効があると言われています。肩甲骨の間にある身柱というツボを中心に施術します。あとは大人と同じようにどこの臓腑が弱っているかの「証」を立て。経絡に沿って「こすり」ます。
お灸も著効が期待でき、捨てがたいです。モノモライ(麦粒腫)や下痢、おたふくの灸が有名です。

【3.仰向け】

  • カラダ前面の調整を行います。

【4.首】

  • 首(頸椎)の調整を行います。

【5.鍼】

  • 患者様のその日の状態に合わせて、鍼治療を行うかを決定していきます。
  • 常に鍼治療が有効というわけではないのです。

【6.灸】

  • 鍼と同様に、その日の状態に合わせて、組み合わせていきます。

【7.立位】

  • 最後に、再度、全体のバランスをチェックして終了です。
  • お疲れ様でした!

【8.治療のまとめ・次回の予約など】

  • 治療中に気が付いたことを丁寧に説明させていただきます。
  • 今後の治療方針や次回の予約などを相談させていただきます。

お問合せ・ご予約はこちらからお願い致します。